ホーム > かに旅 日本編 > 東京編 > 武橋洞(ムギョドン)

オリジナルケジャンが人気!1981年開店の韓国家庭料理の先駆的なお店、武橋洞(ムギョドン)

オリジナルのケジャンを食べに、1981年に開店した韓国家庭料理の老舗、武橋洞(ムギョドン)に行ってきました。

地下鉄副都心線東新宿駅からは、徒歩で約3分程で、外から見たお店の雰囲気は、「常連さんしかいないのではないか?」と、入るのにちょっぴり勇気?が必要なお店です。

かに旅メンバーも店に入るのに抵抗があったようで、一度は引き返して他の店を探したのですが、どうしても気になったので再び戻ってきました(笑)

意を決してお店に入ると、店内は約12席程の家庭的な雰囲気のするお店です。

武橋洞(ムギョドン)オリジナルのケジャン

ケジャン 画像

ケジャンを注文すると、なんと嬉しいことに一つサービスして頂きました♪
※通常は4つです。

想像していたケジャンとは少し違い、タレに漬けているというよりは、覆われているという感じです。

早速、ケジャンをパクリ!
見た目程辛くはなく、味が濃く、噛むとワタリガニの風味をしっかり感じます。

ご飯との相性は、最高ですね♪

私は、普段ご飯を食べないのですが、この時は、さすがにご飯を食べたくなったので、ご飯ともう1皿ケジャンを注文しちゃいました。

ちなみに、かに旅メンバーは、ライスを2杯食べていましたよ(笑)

トッポギも美味しい♪

トッポギ 画像

ケジャンの通な食べ方

普通にケジャンを食べながらご飯を食べていると、オーナーや左隣の方が、ご丁寧にケジャンの通な食べ方を教えて下さいました。

カットしたキムチ、細かくした韓国のり、ケジャンをご飯に混ぜていただくのが通の食べ方だそうですよ♪

実際オーナーに教えてもらってやってみましたが、とても美味しいです♪

家庭的な雰囲気の中で咲いた話

食べ始めてしばらくすると、右隣の方に話しかけていただき、楽しいお話をいろいろ聞かせていただきました。

その方は、20年以上前から来られている常連さんだそうで、当時は、韓国料理が珍しかったらしく、今や時の人で、AKB48の総合プロデューサーの秋元康さんも来られていたそうです。

その方は、客人と来られており「このあたりには、美味しい韓国料理のお店はいっぱいあるけれど、やっぱり韓国の家庭料理はこのお店だ」とおっしゃられていたのが印象的でした。

ちなみに、ケジャン以外には、参鶏湯(サムゲタン)、チャプチェ、ホルモン焼きなどがオススメなんだそうです。

P.S. 勇気を出して行動してみると違う世界が見えるということを改めて実感いたしました。オーナーもいろいろサービスしてくれたり、食べ方を教えてくれたり、とても楽しい時間を過ごせました。

またケジャン食べにお伺いしたいと思います♪

武橋洞(ムギョドン)へのアクセス

地下鉄副都心線の東新宿駅から徒歩約3分です。

食べログ:http://r.tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13000124/
所在地:東京都新宿区大久保1-1-9
営業時間(月~土):17:00~翌3:00
営業時間(日・祝):17:00~24:00
定休日:第1・第3日曜日

[スポンサードリンク]

かに通販【極】