ホーム > かに旅 日本編 > 東京編 > 新世界菜館

日本ではココだけ!?水の綺麗な石臼湖産の上海がにをリーズナブルに味わえる新世界菜館!

東京の神保町にある「新世界菜館」というお店に、上海がにを食べに行ってきました。
このお店は、上海がにずくしのコースがあるわけでもなく、上海がにがメインの料理が多い訳でもありません。

こちらで食べてみようと思った一番の理由は、上海がにの姿蒸しの値段がリーズナブルだったという理由につきます。

ただ、実際にお店に訪れて、スタッフの方にお話をお伺いすると、値段がリーズナブルな理由が聞けたりといろんな発見ができました。

足を運ぶということが大切だと感じた旅になりました。

上海カニみそとふかひれのうま煮

大きさは、ご飯の器より小さいと思います。

食感は、トロッとしたスープの中に、プチプチしたフカヒレが入っています。
味は、上海がにの味はダイレクトにはわかりませんでしたが、あっさりとしていて、旨みがあって美味しいです。

上海蟹雄雌食べ比べ

活きてる上海がにを見せていただきました。
スタッフの方にお話を聞くと、「新世界菜館」の上海がには、石臼湖産ということです。
石臼湖は、かの有名な陽澄湖に比べて遙かに水が綺麗なんだそうです。

また、リーズナブルな価格の理由は、グループ会社が現地で養殖しており、新鮮な上海がにが直送されるからだそうです。

さらに、通常上海がにと言えば、12月でシーズンが終わりますが、「新世界菜館」では、2月頃まで食べることができると言うことです。

せっかくなので雄雌食べ比べを注文しました。

見分け方は、体の大きさの大小もありますが、後ろのふんどし部分を見ると明らかで、左の丸い方がが雌で右の三角型の方が雄になります。

蒸し上がった上海がには、女性スタッフの方が食べやすいようにお皿に盛ってくれます。

手前は雌で赤い内子がたっぷりです。
見えにくいですが、後ろが雄で、こちらはかにミソがたっぷり。

イメージで例えると、内子がからすみで、ミソがウニのような感じです。

上海がにのかにミソは濃厚でコクがあり大変美味しいと思います。
しかも今回初めて知ったのが、上海がにの脂の存在で、かにミソよりもこってりとしていて、かなり濃厚です。

スタッフの方曰く、11月上旬という季節は、上海がに雄のミソと脂を両方味わえるとても良い時期だそうです。(※石臼湖産は水温が異なるため時期が違うかもしれません。)

ちなみに、11月から徐々にかにミソが少なくなり脂が増え、2月になると脂だけになるのだとか。

蟹味噌あんかけチャーハン

これは美味しいです。
上海がにの味がするかと言われるとわかりませんが、食べた後でもまた食べたくなるような旨みが口の中に残ります。

このチャーハンはオススメです!!

メニュー参考価格(2012/11)

・上海カニみそとふかひれのうま煮:1,600円
・上海がにの姿蒸し雄雌セット:4,500円
・蟹味噌あんかけチャーハン:2,500円(2人前)

新世界菜館

URL:http://www.sinsekai.com/
所在地:東京都千代田区神田神保町2-2 新世界ビル
営業時間(月~土曜):11:00a.m.~11:00p.m.
営業時間(日曜・祝日):11:00a.m.~9:00p.m.
定休日:無休(年末年始を除く)

[スポンサードリンク]

かに通販【極】