ホーム > かに旅 世界編 > 韓国編

かに旅 韓国編

一般的に、韓国でかにと言えば、日本と同じく、ズワイガニやタラバガニを蒸していただくのが主流のようです。

一方で、ワタリガニを醤油やヤンニョムで漬け込んでいただくケジャンという料理も人気で、韓国発、日本でも芸能人が訪れるお店として「プロカンジャンケジャン」が有名です。

日本では、このような食べ方は主流ではないですが、中国でも、上海がにを紹興酒に漬けた酔っ払い蟹という似た料理があります。

また、ケジャンは、別名「ご飯泥棒」とも言われており、ご飯と一緒に食べるとほんっとに美味しいですよ。

ちなみに、これは私の価値観ですが、どんな料理にもいえることですが、発祥の国で食べることで気づく事って結構あるんじゃないかと思います。

今回、ケジャンを食べ比べて感じたことは、日本で食べたケジャンよりも韓国で食べたケジャンの方が、味が濃いような気がして個人的には好きです。

好みの問題もあるかと思いますが、発祥の地でオリジナルの味を堪能することは、とても楽しいことだと思うのです。

韓国でかにを満喫したレストラン♪

01.プロカンジャンケジャン新沙洞本店

日韓多数有名人も訪れるプロカンジャンケジャン新沙洞本店♪

[スポンサードリンク]

かに通販【極】